お知らせ

洗濯槽のおそうじ

2016-04-08

こんにちは。ハウスクリーニング士の大津たまみです!

 

日差しに暖かさを感じもうすぐ春だなぁ~と実感しています。
ぽかぽかとした陽気の時には洗濯物をたぁ~くさん干したくなるのは私だけでしょうか??

 

きれいに洗濯したはずなのに洗濯物に、なんだか黒い汚れが付着していたらカビが洗濯槽にはえているのかもしれません。

 

気持ちのいい衣類を身につけるために洗濯前に洗濯槽のおそうじをしていきましょう。

 

材料:お家の中で余っている穀物酢又は米酢

 

全自動洗濯機の場合
① 洗濯機のお水の量を満水にしてお酢500mlを入れましょう
② 1時間そのままの状態で放置します。
③ 弱水流で洗いすすぎをしていきます。

 

ドラム式の場合
ドラム式はとっても簡単。お酢を500ml入れて槽洗浄ボタンを押すだけです。

 

洗濯槽のきれいが維持できる5つのコツ

 

1つ目は粉石けんではなくできるだけ液体石けんを使用していきましょう。
粉石けんはどうしても溶けきらない時があります。
また、キレイにしたいから・・といって規定量以上を使っているご家庭もよくあります
どれだけ量を増やしても汚れ落ちは変わりません。
規定量を守った液体石けんのほうがきれいが維持できます。

 

2つ目は洗濯機のフタは使用後必ず開けておき換気を充分にしましょう。
とってもカンタンなのに効果抜群なのが、洗濯機を使用した後にフタを開けておくことです。
湿度も高く空気が通らない洗濯機の中はカビの繁殖にはもってこいです。
使用後にはフタを開けて換気しておきましょう。

 

3つ目は時間が経過したお風呂の残り湯は使用しないことです。
特に夏場は注意が必要です。お湯が少しでもヌルっとしていたら使用しないようにしましょう。

 

4つ目は乾燥機機能を動かしてあげましょう。
乾燥はベランダ干しというご家庭は、週に1度は洗濯機についている乾燥機機能を使ってください。

 

5つ目はキホンの基本。
洗濯物を洗ったらすぐに取り出しましょう♪

 

次回は網戸のおそうじ法です♪

 

お楽しみに♪♪

Copyright (C) 日本清掃収納協会 掃除・収納の知識習得や起業・創業支援および企業の新事業向け研修 All Rights Reserved.